タヒチ「タハア島」はプライベート感たっぷりの上質リゾートだった

11.20
2012

IMG_1512.JPG

最近キモチワルイFacebookの投稿ばっかしてたので、原点に戻って遊びの記録!
といってももう4か月前のハナシ!

7月15日に結婚式を挙げたのですが、その後翌日から約1週間、新婚旅行でタヒチに行ってきました。

もうあまりにも昔の話なので、特におすすめしたい情報を中心的にまとめます。

今回、旅行先として「タヒチ」にするというのは最初に決まってました。
嫁のたっての希望と言うのもありましたが、俺も今まで海外で「南の島」ってあまり行ったこと無かったんで。

タヒチ専門の旅行代理店「タヒチウエディングベル」

で、王道のJTBやHISにも話聞きに行ったんですが、最終的には小さい専門型旅行代理店に手配をお願いしました。
それが「タヒチウエディングベル」さん。
タヒチ旅行を専門に扱うってことで、かなり詳しい情報を持ってました。
事務所が渋谷なので、勤務先にも近くて安心感もありつつ。

タヒチに行ってからも、「竹本さんのお客さんですね?それなら○○○~」と、相当なもんでしたよ。(※竹本さん=タヒチウエディングベルの社長さん)

さて、「タヒチ」って一言で言っても実は複数の島々からなります。
タヒチ島、テティアロア島、モーレア島、フアヒネ島、ライアテア島・タハア島、ボラボラ島、マウピティ島・・・。
>詳しくはこちら

※画像は観光局のサイトから

タヒチ島ってのが、国際空港がある玄関口の島ですね。
発展した街があります。
で、リゾートとして一番有名なのが、「ボラボラ島」。

IMG_1429.JPG

行きの飛行機で空から見た「ボラボラ島」

はじめは我々もこの「ボラボラ島」に行こうと思ってまして、JTB・HIS共にここのツアーの話を聞きました。
が、「タヒチウエディングベル」に行った時、こちらが「ボラボラ島」と言う前に、「タヒチに行って、どんな過ごし方をしたいか?」と先に聞かれました。

・とにかく、のんびりと過ごしたい。
・贅沢な時間を味わいたい。
・シュノーケリングしたい。
・買いモノとかはしなくていい。アクティビティもいらない。
・プライベートな時間を過ごしたい。(人混み、キライ)
・英語は旅行会話ぐらいなら話せる。

こんな感じのイメージを伝えたら、なんと「ボラボラ島」はやめた方がいい、と。

「ボラボラ島」は、

・観光産業による開発も進み、たくさんのホテルが出来た。買い物が出来るショッピングモールも出来た。
・たくさんの人が訪れるので、ニーズにこたえるために各種アクティビティも充実。
・その代わり、すごくたくさん人がいる。
・日本人観光客も多く、ホテルにも日本人がたくさんいる。
・その分、ホテル側も日本語対応スタッフが充実。

「アクティビティ重視」の人や、「ハワイ的なノリが好き」な人なら向いてるけど、二人には向いてませんよ、と。

じゃあどこがいいの?ってことで勧められたのが、「タハア島」。
とにかくスゴい勧めらました。でも、「ボラボラ島」ブランドも捨てきれず・・・。
決めるまでかなり迷いました。

そして、最終的には「タハア島」に決定。
結論から言うと、大正解でした。
もちろん、「ボラボラ島」には行ってないので、わかりません。
でも、「タハア島」で十分楽しんだので満足です。

「タハア島」の特徴は、

・島には何もない。ホテルは1個だけ、本島のそばの小島をそのホテルがほぼ占有。
・隠れ家リゾート的な位置づけで、まだあまりアジア人には有名では無い。来るのはヨーロッパのセレブばかり。
・ホテル内には小さいプールやスパがある程度で、他には何もない。
・ホテル近くのコーラルガーデン(サンゴ礁)は、絶好のシュノーケリングスポット。
・日本語話せるスタッフはいない。

と言うことでした。
何もせずのんびり、プライベートな時間を過ごしたかったのでまさにぴったり。

ちなみに、日本人のスタッフ、いましたよ。
サツキさんと言う女性で、我らが到着するのに合わせて待っていてくれて、その後もお薦め情報をくれたり、観光に同行(オフの日だったのに!)してくれたりとても素敵な方でした。

ただ、旅行期間中、アジア系はずっと我ら二人だけでしたけど。
入れ替わりで一組来る・・・?とかそんな感じ。(そしてみんな同じ旅行代理店から。)

ということで、我々と同じ嗜好をお持ちの方は、ぜひ「タハア島」へ。

以下、主に写真でお伝えします。

IMG_1442.JPG
タヒチまでは、「Air Tahiti Nui」という航空会社の直行便が飛んでいます。
まあ、国内の主要航空会社と比較すると、結構見劣りしましたね。
椅子の大きさとか。サービスは全然良かったけど、飯はたいしてうまくなかった。

IMG_1457.JPG
タヒチ本島に着いたら、そこから小型のプロペラ機で移動。
まずは、ボラボラ島行きの飛行機で、ライアテアという島で途中で降りる形となります。
ちなみに、この日そこで降りたのは二組だけ。

IMG_1472.JPG
ライアテア島から、今度は船でタハア島へと向かいます。
結構なモーターボートでした。ドッカンドッカン揺れましたな。
船を操縦してる兄ちゃんがタイガー・ウッズに似てた。

IMG_1484.JPG
ようやく到着。
Le Taha’a Island Resort and Spa」。

IMG_1497.JPG
こんな感じで、水上コテージがあります。
一応、砂浜のコテージもあるんですが、ほとんどはこの水上コテージ。
先っぽに行くほど値段が高い、という仕組みとなっております。

IMG_1501.JPG
コテージの途中にあった製氷機。
「永」って・・・。「氷」の点の位置が違う・・・。
これ彫ってるから一生こうだろうな。恥ずかしい。

IMG_1516.JPG
意外に、暑くないです。日差しはものすごくて、10分外にいたら真っ黒になる勢い(日焼け止めめっちゃ塗ったけど焼けた)ですが、湿度が低いのと、あと風がずーっと強かったので、むしろ薄手のパーカーあるぐらいがちょうどよかったです。
あと、夜は普通に寒かった。風のせいで。

IMG_1553.JPG
基本的に、ホテルの食事は全てフレンチです。
何食ってもうまいけど、結構高い・・・。

IMG_1552.JPG
これはタヒチの地ビール、「ヒナノビール」。
値段も安いし、結構おいしいし、もう毎晩これ飲んでました。
だってこれ以外はシャンパンかワインで結構値が張るんだもん。

IMG_1740.JPG
サミュエルです。超良い人でした。普段は地元で漁師をしてるそうです。

事前にもらったオプショナルツアーリストには載って無かったんですが、現地で色々とツアーを見せてもらったら、「ラグーンサファリ」ってのがありました。
船に乗って島の周りをまわったり、シュノーケリングのスポットを教えてくれたり、エイやサメの餌付けを見せてくれたりする半日ぐらいのツアーです。

滞在二日目の午前中にこれに参加。
スゲー面白かった。これは参加すべき。

IMG_1607.JPG
エイが寄って来るんですが、可愛いよりも怖かったです・・・。
だってしっぽの棘ついてるし・・・。

IMG_1647.JPG
サミュエルが教えてくれたシュノーケリングスポットは、とにかくめちゃくちゃ魚がいました。
ということで、2日目以降、最終日まで毎日このスポットでシュノーケリングしてましたw
他にシュノーケリングしてる人なんてほとんどいないから、ほぼ貸切。

ていうか、ヨーロッパの金持ってなんでプールサイドとかビーチサイドのベンチで寝そべって本読むのがあんなに好きなんですかね。

IMG_1811.JPG
火曜日のディナーはタヒチアンダンスショー付きのビュッフェスタイルです。
フラダンスっぽい女性のダンスと、激しい男性のダンスが交互に行われてました。
そして、途中で拉致られて踊らされました。
(全くついて行けずにそれはもう悲惨だった)
ちなみに、基本的にタヒチはおフランス文化です。しかもホテルは超高級ホテル。
なので、ドレスコードがあります。(ディナーの時には男性は「襟付きのシャツ」「デニムじゃない長ズボン」、女性はラフすぎなければいいみたい)
なのでチノパンと半袖のカジュアルシャツを持って行きました
で、それで全然平気でした。
たしかにタンクトップとかハーフパンツ、パーカー・ジャージとかはいませんでしたね。
でも、半袖のポロとか、デニムはいました。

IMG_1831.JPG
みんな結構若いよなーきっと。
ちなみに、リーダーみたいな人が「写真撮っていいよ!」って呼びかけたけど誰も動かず、俺らもどうしようかなと思ってたら、「日本人!(ジャポネ!)写真好きだろ!」って英語で言われた・・・。
俺らが撮ったらみんな撮り出したけど。
日本人の写真好きブランディングはスゲーなぁ。

IMG_1841.JPG
3日目。
タヒチウエディングベルさんのツアーで行くと、特典として空港があるライアテア島の市内観光ツアー(半日)がついてます。
市場に行ったり、お土産買ったり出来るのでお勧め。
地元のスーパーで弁当をゲット。

IMG_2158.JPG
モンスターの特大もゲット。

IMG_1929.JPG
午後はひたすらシュノーケリング。
他の写真も少しPicasaに上げてますのでよろしければドーゾ。

IMG_1977.JPG
お前、ジャマだよ!嫁の顔に被ってる!

IMG_2040.JPG
夜は「ミルキーウェイ・ディナー」というのを申し込んでみました。
レストランで食事するのではなく、コテージのテラスで食事が出来るものです。
星空を見ながら・・・のはずでしたが、そんなに天気良くなかったかな。
ていうか、風があまりにも強すぎて、色々飛ばされて結構大変でした。
スタッフは慣れたもんで平然としてましたけど。
なお、コテージで食べるにしてもドレスコードはあります。

で、そのオマケが↑の写真ですw
ちなみに、この花、どうすればいいのかわからず最初は寝る前に集めて捨ててたんですけど(着いた日も、ベットが花で飾られてた)、この日は湯船に入れてみました。フラワーバス的な。
どうするのが正しいんですかね。海に撒くとか?

IMG_2128.JPG
4日目は部屋でのんびりしたりスパに行ったりしてました。
モバイルスピーカー持っていくといいですよ。
写真のスピーカーはJBLのon tourというモデルなんですが、古いのでもう現行扱いは無い見たいですね。
ちょっとでかいけど音はすごい良いです。

IMG_2172.JPG
夜はホテルのある小島から船ですぐの本島にある、「シェ・ルイーズ」というお店。
ホテルで勧められて予約して行きました。
ものすごい恰幅の良いおばちゃんが出迎えてくれて、食事はめちゃくちゃうまかったです。
ただ、店にはだれもお客さんがいませんでしたけど。
船着き場から店場では、地元の人が車で送ってくれます。(タクシーとかじゃない、普通の車w)
ここは別にドレスコードはありません。

IMG_2300.JPG
最終日はひたすらシュノーケリング。

IMG_2295.JPG
ウツボがいた。

IMG_2431.JPG
ボラボラ島のオテマヌ山越しに沈む夕日。
この日は夕方に雨が降ったんですが、スコールみたいな感じでした。
あっという間に止んで虹が出たり。
雨対策としてガッツリ装備を持っていくほどではないかなぁ。
まあ、滞在中ずっと雨だったら結構キツいけど・・。

IMG_2490.JPG

6日目、タハア島に別れを告げてタヒチ島へ。
帰りの飛行機は、7日目の朝5時だか6時だか。ホテル発は朝3時とかです。
なので、タヒチ島ではお土産買って飯食って仮眠取って終了です。

タヒチ島を観光したいなら、タハア島(もしくはボラボラ島でも)の滞在を1日削ることになります。
が、行程見てもらうと分かるかもしれませんが、結構5日間でも足りないです。
特にボラボラ行く人は、買い物したりアクティビティ行ったり、もっと忙しいはず。
タハア島だけであればまた来れる、ってことで、ここはひとつギリギリまでリゾートステイすることをお勧めします。

他の人と旅行代理店が違うからか、それとも滞在していた島が違うからか、タヒチの空港からタヒチ島滞在のホテルまで、俺らだけでした。
送ってくれるスタッフの兄ちゃんが、「これからホテルまで1時間ぐらいかかって、そのあと30分ぐらいで集合して今度は街に戻ってきます。で、皆で街を1,2時間ぐらい買い物しながら観光して、その後自由行動。最終的に夕方に再集合して、屋台でっごはん食べてホテルに帰ります。」という説明をしてくれました。
むぅ、ここに来て苦手な団体行動か・・・。

「ホテル行っても別にやること無いよね」という俺と嫁の会話を聞いていたのか、「お客さん、例えばホテルに行く途中で街で降ろして上げましょうか?」と提案が。
それだとかなり時間もあるし、好きなように行動出来るので即OK。
「荷物はホテルまで持っていってチェックインしておくので、屋台に時間通り来てくれればいいっすよ」とのことで、フレキシブルな対応に超感謝です。

最終的に、お土産さがしで疲れ果てて屋台が出る前からベンチでくたばってましたけどねww
タヒチ行く方、タヒチ島は最終日だけでも、お土産買う時間は十分ありますのでご安心を。

IMG_2492.JPG

マルシェという、市場のようなところが安くて色々売ってます。

IMG_2498.JPG

ただし、土曜日はお店が夕方で閉まっちゃいます。お目当ての店には早めに行くように!
そもそも土曜は休みの店も多いので、どうしても行きたい店がある場合は、リゾートを1日削るしかないですなぁ。
(直行便の飛行機の本数が少ない関係で、1週間だと月~月のスケジュールのみ)

クッキーやチョコ、ヒナノビールはあらかじめ代理店がくれるカタログで日本から頼む方が絶対賢いです。
値段も大差ないし、モノも大して変わらないです。
雑貨とか、パレオとかを現地で買うといいかな。

また行きたいなぁ。
でもしょっちゅう行ける値段じゃないんだよな。宝くじでも当たらないかな。

子供が出来て、子供が20歳になったら連れて行こうかな。
なんちゃって。

※追記:
そうそう、一番重要なお話しを忘れてました。

タハア島ですが(多分、ボラボラ島もだと思いますけど)、まず、蚊がたくさんいます
俺らが行った時は風が強かったんでまだたいしたことなかったですけど。

それから、イモリ(ヤモリ?)がいます。(小さいです。5cm程度。外で見たら可愛い。)
コテージの中にも。夜はあいつら鳴きます。
部屋の中の荷物の口は必ず閉じましょう。食べ物、飲み物は絶対に放置しない。

そして・・・。
そして・・・・・・。

Gもいます。

コテージの中に。
5泊の滞在中に、5回見ました。うち2回は退治しました。
海の上なのに・・・。
まあ、そんなにでかいやつじゃないんですけどね。でも、見たら震えるレベルではありますね。日本風です。アメリカンな奴じゃなくて。

ホテル備え付けのマニュアルには、「気にするなよ、しょうがないだろ」的な事が書いてありますので、気になる人は虫よけとか、殺虫グッズを持っていくことをお勧めします。