自然の厳しさと、人の優しさと、山の美しさ:ニセコツアー(3)

2.10
2011

現れた、天敵「羊蹄ZAN」・・。

ニセコ三日目、最終日。

この日も朝から天気がよく…(ry
せっかくなので、ピークまでハイク決定!


羊蹄山を背に、ひたすらハイク・・・


登ってからさらに、尾根伝いに移動

いや~、きつかったね。
自然の厳しさを感じました。
15分ぐらいあるいてようやく中間。
そこからさらに10分以上かけて、やっとピークに到着!


羊蹄山を、見下ろす感じ

景色も綺麗だった。苦労して登った達成感もあった。けど、その後がヤバかった。

あんなに広々とした斜面のパウダーは初めて。
本州のゲレンデじゃなかなかないよなー。


一面、雪。障害物が無い・・・!

ピーク滑って今回のトリップ二度目のあげぽよ(※)したら、その後はまったり、のんびり。
そして午後には早めに終了。

※「あげぽよ」(→「あげぽよ」とは?/nanapi[ナナピ]
テンションが上がっている状態のこと。「ぽよ」は特に意味はなく、可愛いから付いているらしい。


羊蹄山をバックに一枚

ところで、ひらふの唯一ダメなとこは、最後に宿からバス乗り場まで、ひらふ坂を登らなきゃいけないとこ。

だから、いつも俺は荷物を往復で送っています。

今回もそんな最後のハードルが立ちはだかったその時…
救世主登場!


良い人。

カズヤさんが車で運んでくれました。
いい人ー!

そして出発の直前、夕焼けに照らされた羊蹄山の綺麗だったこと・・・。


赤く染まる羊蹄山

また来年。さようなら。

そんなこんなで新千歳につき、晩飯に海鮮丼を食らい、羽田に着いたのは11時。
結構終電ヤバかった…


新千歳で食べた海鮮丼

さすがに2泊3日は強行で疲れたけど、とても楽しかったですー。

また来年。