良きスキーヤーになるための28ヶ条

12.1
2014

howtobeaskier

Onboard Magazineで面白い動画が紹介されてました。
「How to be a skier」

How To Be a Skier | Onboard Magazine
http://onboardmag.com/videos/skier.html

良きスキーヤーになるために必要な28のステップが紹介されています。

※完全にネタ動画です。

元動画はこちらです。

How To Be a Skier – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=YPg4HuIQt9c

なかなか面白かったんですが、一方で全部英語なのでよくわからないものもあり。
気になったので全部調べてみました。
まあ、多分八割ぐらいは合ってると思います。

Step1:スキー板を買う

step1_oldschool

オールドスクールならこの板

動画内ではショートスキーの扱いが酷いですねw

Step2:スタイルを決める

パーク中心なら「Park Rat」
Rat(ねずみ)とついていることからもわかる通り、良い意味ではないですw
step2_park

オールドスクールに行くなら「Gaper」
一般的には「おでこが出ている人」を指すようですが、80年代ウェア(特にヘッドバンドスタイル)を着た人もそう呼ぶようです。
step2_gaper

ヨーロッパのオシャレ(でなよなよしい)なスタイル、「Euro」
step2_euro

「Grom」というのは、grommetの略でキッズのサーファーを指す俗語だそうです。
step2_grom

Step3:基礎を学ぶ

何事も基礎は重要ですからね。

Step4:シーズン券を買う

Step4でもう、いきなりシーズン券買うようです。

Step4.5:シーズン券は小人料金があるので活用しよう!

step4_pass

僕、12歳です。

Step5:「スノボちゃん」にはならないように!

「Gaper」「Gorby」(他に、「Beater」など。)というのは、ちょうどスノーボードで言うところの「スノボちゃん」に当たる言葉のようです。
特に、ゴーグルの上に見えているおでこを「Gorby-gap」と呼び、初心者としてバカにしているようです。

step5_gap

由来については諸説あるようで、欧米のフォーラムでもその出自については議論になっています。
なお、「スノボちゃん」とは、ウェアやギアがレンタルで古臭く、スタイルがダサく、リフト降り場にたまったりゲレンデの真ん中で座ったりパークのランディングでお茶飲んでるようなバカを指す言葉です。
そういえば、「スノボちゃん」に当たる言葉ってスキーだとなんていうんですかね?

Step6:スキーブーツは歩きにくいので気を付けろ!

スキーブーツを履いて、ピザとコーラを両手に持って階段を歩くとこうなりますね。
step6_boots

Step7:専門用語を覚える

下記の専門用語をすべて覚えましょう。

  • PAW・・・パウダー
  • DANK・・・マリファナを意味するスラングのようですが、単に「ヤバイ」ぐらいの意味でしょう。
  • DUMP・・・木などから落ちた雪がコブになったもの、ようは「ギャップ」。主にツリーで見られるものを指すようですが、「マッシュ」とはまた少し違うみたい。
  • JIB・・・ジブ
  • HIP・・・ヒップ
  • VIS・・・visibilityの略、「視界」。
  • KILLA・・・これはなんでしょう?Killerってことで危ない滑りをする人、とか?
  • SHRALP・・・これも「スゴイ」とかそういう意味のよう。「ガンガン行こうぜ」的にも使う模様。
  • SMEAR・・・パウダーでエッジ立ててターンする事らしい。
  • SLARVE・・・エッジを深く立ててターンする事、スプレーを上げるようなターンを指すようです。
  • CHOWDER・・・食い荒らされたパウダーってことかな?
  • AVY・・・avalanche、雪崩のことかな?
  • FAKIE・・・フェイキー
  • SWITCH・・・スイッチ
  • GAPER・・・前述の通り
  • ROCKER・・・ロッカー
  • PIZZA・・・スキーの「八の字」のことです。八の字に開いたスキー板が三角形でピザの形に見えるから、だそう。
  • FRENCH FRIES・・・こちらはスキーの板を並行にしている状態。パラレル、っていうんですかね。しかしまあポテトとは・・。
  • YARD SALE・・・直訳するとガレージセールのことですが、スキー中に転倒し、板やストック、ゴーグルなどがバラバラに散らばった状態を指すそうです。
  • REAR-ENTRY・・・スキーブーツの種類のようです。現在は主流ではなく、レンタルでたまに見られるようで、意味合い的にはスノーボードで言うところの「ステップイン」みたいなもんすかね。

Step8:パウダーの日のルール

パウダーは、誰よりも先に独り占めするのが基本ですね。

  • 友達と行かない
  • 仕事に行かない
  • トイレ休憩はしない
  • ご飯も食べない
  • 泣き言は言わない
  • BS(=Bull shit、糞野郎)は勘弁

Step9:滑走日数(が多いことを)を自慢する

いやー、やるやる。これはやってしまうわ。

step9_day

俺の滑走日数は「400日」だ。

Step10:雪質の違いを見極める

下記の雪質の違いを覚えましょう。

  • POW・・・パウダー
  • CORN・・・春先の雪。ザラメみたいな雪かな?
  • CEMENT・・・セメントという名の通り、カッチカチのアイスバーン
  • CHAMPAGNE・・・乾いたサラサラの雪、パウダーほど深く積もってないときに使うのかな
  • HOARFROST・・・直訳すると白霜、霜が降りて結晶化したもののようですが、すごい寒い時のことかね?
  • GROOMER・・・しっかりと圧雪された雪
  • ELEPHANT SNOT・・・シャバ雪。春の午後とか、雪が解けてきて「SNOT(鼻水)」みたいになった雪。
  • PILLOWS・・・マッシュのことは英語でpillowと言うようです。
  • SNERT・・・「糞ガキ」って意味みたいなんですが、汚れてたりする酷い雪を指すみたいですね。
  • FAKE SNOW・・・人工雪
  • YELLOW SNOW・・・黄色い雪、そう、おしっこがかかった雪のこと。「Don’t Eat The Yellow Snow - 黄色い雪は(おしっこがかかってるから)食べるなよ」というアメリカンジョークがあるそうで。

Step11:ゴーグル焼けを自慢する

これもやっちゃうなぁ・・。

step11_google

いやー、俺なんてまだまだだよ。

Step12:オフシーズンでも常にスキーのことを考える

街中の段差、レール(柵や車止め)、ポールとかで練習しちゃいますよね。

step12_off

まあ、さすがに車のバンパーでは練習しないすね

Step13:たくさんのトリックを生み出す

新しいトリックを練習。

Step14:スタイルの出る姿勢を練習する

STEEZ ZONE、スタイリッシュなポジションは後傾に10℃ほど倒れた状態だそうです。

step13_steez

これが一番イケてるポジションだ!

Step15:アフタースキーを満喫する

日本なら、アフターはやっぱ温泉かな。

Step16:シーズン初めての降雪にテンションを上げる

富士山の初冠雪でも十分テンションあがりますね。

Step17:シーズンの最終日から、次のシーズンを待ち望む

それはもう、常に待ち望んでいます。

Step18:真のスキーバカになる

Step8ぐらいで十分バカです。

Step19:スノーボーダーを大嫌いになる

これは良きスキーヤーになるためには必須ですね!

例え自分のミスで転んでも、近くにスノーボーダーがいたらそいつのせいです。
見てください!スノーボーダーは危険です! 

step17_hate

※実際はスキーヤーが勝手にコケてるだけ

Step20:Alpine Responsibility Codeを遵守する

Alpine Responsibility Codeというのは、雪山滑走者、登山者が守るべき国際的なルールだそうです。

step20_alpine

※お酒に酔った状態で滑走してはいけません

Step21:ストックにカメラを付けて、イケてる映像を残す

イケてる映像と、イケてる音楽。

Step22:人にあったら必ずギアについての話をする

「そのウェアどこの?」「その板どこの?いつのシーズンの?」
確かによく聞こえてきますね~、そんな会話。

Step23:積雪情報は常にチェックする

特に金曜日は、積雪情報のページは開きっぱなしですね。

Step24:グラトリ(=butter trick)を覚える

まあ、出来ないよりは出来たほうがいい・・のか?

Step25:ワックスは忘れずに

step25_wax
ここで何故か足毛を脱毛するシーンが流れますね。
これは、ワックス脱毛とかけたアメリカンジョークです。

Step26:毎晩、恋人とスノーDVDを鑑賞する

これはヤバイですね、もう大分キテます。

Step27:トランポリンで3Dトリックや、グラブの練習をする

真面目。

Step28:雪質には必ず不満を言うこと

言うね~。
確かに不満言ってる事の方が多いかもね~w

step28_cond

「今日全然板走らねーわー」って言ってそう

というわけで、皆さんも今シーズンは良きスキーヤーになるためにこの28ヵ条を守りましょう。

ところで、この動画は一体何なのか

IFHT(I F*cking Hate That、の略)というパロディ動画とかを作るグループが作成したようで。
これもYoutuberなんだろうか。

IFHT – YouTube
https://www.youtube.com/user/IFockingHateThat/featured

動画のスポンサーの「MEC」というのは、れっきとしたアウトドアブランドのようです。

Mountain Equipment Co-op – MEC –
http://www.mec.ca/Main/home.jsp

全然ブランドの宣伝にはなってない気がしますが、こういうプロモーションもアリなんですね。

IFHTでは、スキーヤー以外にもバレーボール、マウンテンバイク、ロートバイク、アイスホッケーなどなど、様々なスポーツや、中には「大学生」を扱った動画などもあるので、気になった方は見てみてはいかがでしょうか。

スノーボーダー版も見てみたいなー。