箱根湯本ぶらり旅。かまぼこ、鰻を食べて「天山湯治郷」に行ってきた。

2.14
2013
IMG_4453.JPG

梅が咲き始めてました。

3連休最終日に日帰りで箱根に行ってきました。
連休最終日だと、行きは高速もガラガラっすね。

とりあえず、温泉に行く前にお昼ご飯。
以前も行った、「友栄」という鰻屋さん。
今回はあらかじめ予約していきましたが、1週間ほど前にTELしても14:30まで空いてないと・・・。

IMG_4447.JPG

鈴廣 かまぼこの里」。観光バスも来るスポット。

仕方ないので14:30まで、近くにある「鈴廣 かまぼこの里」で暇つぶし。
無料の駐車場もある、大きな施設です。
大きいお土産屋には色々なものが売ってます。かまぼこ、さつま揚げはもちろん、スイーツや海産物なども。
小さいお土産物屋には、鈴廣かまぼこのかまぼこが1,000円のものから10,000円のものまで取りそろえられておりましたよ。

IMG_4448.JPG

子供たちが、かまぼこを作ってました

隣にある「かまぼこ博物館」では、かまぼこの手作り体験や、実際に作っているところを見学できたりします。

IMG_4455.JPG

うなぎ亭「友栄」

さて、かまぼこを楽しんだ後は本命の鰻へ。
高速の箱根口ICで降りて、湯本とは逆方面に少し行ったところにあります。
電車の場合は「風祭駅」という駅からすぐ。
(ちなみに、風祭駅は「鈴廣 かまぼこの里」に隣接しています。)

IMG_4459.JPG

上うな重:3,150円。(上しかありません・・・)

ここの鰻は美味しいんですよねー。
青うなぎという、状態の良いものだけを使っているそうです。

IMG_4463.JPG

箱根湯本駅からすぐ、「あじさい橋」

腹を満たしたのち、温泉に行く前に箱根湯本付近でお土産を物色しました。
あ、そういえば、箱根湯本周辺って駐車場があんまりないですよね。
駅からは少し離れていますが、安くておすすめの駐車場があります。(ただし、土日祝日のみ!)


↑の地図の場所にあるんですが、箱根町庁舎の下あたりです。
国道1号線を走ってる時に、駅と反対を向くと大きな看板もありますのでわかるかと。

気を付けていただきたいのは、この位置には2つ駐車場がありまして。
片方は、ゲート式の駐車場。下は砂利です。ここは土日祝日の8時~20時のみ利用可能。
最初の30分無料、以降4時間(!)毎に400円、1日最大1,000円。
すぐ隣に、フラップ式の駐車場があります。下はコンクリート。
こちらは、全然料金が高いです。ご注意を。

IMG_4466.JPG

こちらは、「天山」の看板。

さて、ようやく天山湯治郷に。
なんかすごい混んでました。駐車場に入る車が行列してたりして。
なお、箱根湯本の駅からは離れていますが、駅前から出ている巡回バスで来ることができます。

なんかで紹介されたのかな?と思ったら、テレ東で何度か紹介されてるらしい。

今回初めて行きましたが、色々と戸惑うところもあったので覚え書き。
あ、ちなみに諸事情あって写真を撮り忘れました・・・。

まず、ここには「天山」と「一休」と2つ風呂があります。
どちらも日帰り入浴が楽しめる温泉です。
(敷地内に宿泊施設「羽衣」もあり。)

「一休」は、施設はお風呂のみ。1,000円です。
シャワーはなくカランのみ、シャンプー等の備え付けも無いそうです。(持ち込んで使用するのは可)

「天山」は、風呂以外にご飯を食べたり、マッサージがあったり、浴衣のレンタルがあったりと、色々と充実してます。
1,200円。こちらはシャンプー、リンスと石鹸が備え付け。
シャワーもありますが、洗い場の数はそれほど多くないですが、風呂は広くて数も多いので、窮屈ではないです。
(浴槽によってはすっごい熱い・・・です。)
ちなみに、内湯は無く、ほぼ全部露天でした。

今回は「天山」しか入ってません。
また、↑は男湯の話ですが女湯はちょっと違ったみたいです。入れ替えたりするのかな。

スタッフの人いわく、一休は風呂だけだからゆっくり入れると。
洗うより浸かる目的なら、その方がいいかも。
天山は色々ある代わりに人も多くて賑やかでした(良くも、悪くも)。

車で来る方は、国道1号から湯本温泉街を抜けて来ると大変なので、湯本駅前まで行かずに旧道を通ったほうが楽です。
HPのアクセスマップは分かりにくいですが・・・。


※拡大して見てください