この3日間で感じたこと、考えたこと

3.14
2011

みなさん、無事ですか。

東北のみなさん、本当にもう、なんといっていいのか・・・。
そして長野・新潟のみなさん、茨木・千葉のみなさん、地震や停電・断水で大変だと思いますが、頑張ってください。

所詮このブログは自分の日記ですので、この3日間で感じたことと、考えたことをまとめておこうと思います。

11日に地震があったとき、俺は会社にいました。
会社は渋谷です。

今までにないぐらい揺れましたが、一応会社の中は無事。
うちの会社は小さな会社なので、1回目はまだ多少笑ってる感じでしたが、2回・3回と大きな揺れが立て続けに来て、さすがにヤバいということで近くの公園に避難。

この時すでに、ビルの外には人があふれかえってきていました。

会社を出る前に自宅(実家です)にTELをしたところ、母親がほぼパニック状態で家の中が大変なことになっているといっていたので、会社から3時ごろにいったん各自帰宅OKの判断が出て、そっこー奇跡的にタクシーを捕まえて、帰宅しました。

渋谷→北千住まで、2・3時間はかかったかな・・・。

帰ってきたら、とりあえず食器が大変なことになっていました。

これでも、半分片づけたところです

そのあと、家の片づけをしながら、余震の揺れと絶え間なくなる緊急地震速報の警告音に怯えていました。
うちのマンションは、緊急地震速報の受信ができます。携帯のやつとは違い、遠方のものも全部なります。テレビとかラジオと同じやつ。

まあ、もう軽くトラウマです。
あの警告音、すごく恐怖感をあおってくる。
テレビやラジオは、消せばいい。

でも家のやつはけせないし、音量も下げられない。
そしてうちは14階という高層階なので揺れも大きい。

そんな中で一通り片づけをしながら、テレビのニュースで津波の映像を見たとき、かなりやられました。
頭が混乱して、訳が分からなくなりました。
自分の周りはともかく、福島でもこの大参事とは…。

それでもなんとか気持ちを保って、夜に彼女を迎えに飯田橋に車で向かう。
渋滞がひどく、通常30分の距離が4時間かかりましたが、無事に合流。

その後、彼女の家まで移動中に、長野でも大きな地震が発生。
もうこのあたりで、思考が停止して、何も考えられなくなりました。

ご存知の方もいると思いますが、俺はウィンタースポーツが好きです。
冬の間は毎週ゲレンデに行っています。

そんな俺にとって、福島や長野・新潟は、自分の生活圏の一部です。
先々週は野沢温泉にいました。
先週は会津です。
今週もたかつえに行く予定だったし、
来週は栂池に行く予定でした。
津波の被害は山で起きたわけではない、とか自分に言い聞かせようとしても、やはり身近なんです。

そして、福島には一緒に滑った仲間、たくさんの知り合いがいます。
一度でも滑れば十分でしょう。
そんな彼らのいる場所で起きた、未曽有の大参事。

福島の次は、新潟・長野。さらには、地元千葉、すぐ隣の茨木。
もうまるで、自分の居場所を端からつぶされていくようで涙が出てきました。

いまだに、正直ギリギリのところで耐えています。
もちろん、正直に言えば、自分の身内は全員無事ですし、自宅も無事です。
そんな俺がつらいとか、悲しいとか、いうことすら許されないと思います。

でも、あの津波の後の地獄のような光景をテレビで見るたびに、胸が痛くなるのは事実です。
原発とか、関東の電力のために建てたんだとしたら、もう顔向けできないよ。
どういうことだよ、それ。

どうか、どうか一人でも多くの人が助かり、一人でも多くの人が立ち直れますように。

昨日から今日まで、コンビニやホームセンターも大変でしたね。
ガソリンスタンドも大行列でした。
渋谷の店舗は軒並み18時で閉店。
スクランブル交差点も真っ暗。

混乱が続きますが、とにかく、これ以上被害が広がらず、おおきな災害が起きないことを祈るばかりです。

※スノー界隈では、着なくなったウェアやフリース、ダウンなどを寄付しようという動きもあるようです。
俺も協力したいとは思っていますが、基本的に個人からの送付は迷惑になるようなので、少し待ちましょう。
正式に、信頼できる期間で募集が始まってから依頼しよう。